キャッシングをうまく使える人・失敗する人

キャッシングは計画的に利用しなければなりません。

お金を借りて助かる人もいれば、返済できなくなって恨んでしまう人もいるでしょう。

どちらも結局は自分のお金の使い方に問題があります。

うまく使える人は失敗しませんが、使い方を間違うと多重債務に陥ってしまうのです。

キャッシングをうまく使える人は、お金の管理が得意な方です。

どんなに家計管理をしっかりと行い、節約生活をしていても、お金は急に必要になるものですから、足りなくなることはあるでしょう。

ローンというのは、金欠を解消するためのものであり、健全に利用する分にはまったく問題ありません。

それは多目的のローンでも同様であり、単に目的が自由というだけです。

目的ローンは健全に思えてしまいますが、多目的になると不健全と言われる方も多いのですが、どちらもお金を借りることに変わりはありません。

結局は利用者がどのように使っていくかなのです。

キャッシングで失敗してしまう人は、お金の流れを把握していません。

毎月の給料くらいは把握しているでしょうが、出費を聞かれて即答できるでしょうか?

ほとんどの方は即答できず、何にお金を使ったのかよくわからないはずです。

無駄使いが増えてしまうと、余計な借り入れが必要になってしまいます。

30万円借りればすむような状況でも、50万円借りてしまうこともあるでしょう。

借りすぎるほど返済が厳しくなるのは当然のことです。

お金を借りる前には、どんなに少額だとしてもシミュレーションは必須なのです。

クレジットカードのキャッシングと金融機関のキャッシングはこう違う

クレジットカードにもキャッシングというサービスはついているのですが、やはり専門的な消費者金融などの金融機関で行っているキャッシングサービスとは違いがあるものです。

ひとつは、ショッピング枠がないということでしょう。

クレジットカードの場合はショッピング枠とキャッシング枠は互いに影響があり、一定以上のショッピング利用をするとお金も借りられなくなってしまうものです。

一方、消費者金融などの場合はそのようなことはなく、お金を借りることに特化しているため、利用可能枠内であればいつでもお金を借りることが出来るということです。

もう一つはサービスの充実度でしょう。

銀行や消費者金融などの場合はある程度、借入や返済について融通がきき、特に消費者金融ではさまざまなサービスが有ります。

最近は特に低金利などのサービスも充実しているのですが、これはクレジットカードの方にはあまりないサービスといえるでしょう。

また、借り方にもさまざまなタイプが有ります。

最近はクレジットカードの方でもネットからの借り入れはできますが、電話やメールなどで対応しているため、さまざまな借り方があるのです。

また、商品の割賦などができるのも、信販系や消費者金融ならではといえるでしょう。

クレジットカードの場合は最初から枠が設定されていることもあり初めてお金を借りるときに借りやすいというメリットはあります。

申し込みの必要がないため、お金を借りる敷居も低くなっています。

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分

お気に入りサイト